FC2ブログ

02月08日例会

◆点鐘
◆ソング
「四つのテスト」
◆出席名誉会員
なし
◆ビジター
平松一彦君(有田2000ロータリークラブ)
◆ゲスト
阿部舞宏さん(湯川中学校2年生)
津村仁志先生(湯川中学校校長)
阿部鈴子さん(ご家族)

◆会長告知・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・会長:古久保泰男
2019-0208-001.jpg
皆さん、こんにちは。
本日は65回目、創立65周年記念例会となります。
ビジターとして有田2000RCの平松一彦君、
ゲストの阿部舞(ま)宏(ひろ)さん、
湯川中の津村仁志先生、
阿部舞宏さんのお母様の阿部鈴子様、
ようこそいらっしゃいました。
さて、当クラブは中野賢一名誉会員はじめ25名の方々が、
昭和28年の7・18水害の時にお世話になりました、
「和歌山RC」・「田辺RC」の奉仕活動に感銘を受け、
恩に報いる為に、「復興」で大変な中、
翌年昭和29年2月5日に和歌山県で3番目に発足致しました。
ご尽力されました先輩諸氏に敬意を表します。
又、創立50周年記念事業として、
東京オリンピック招致活動をされました、
郷土の誇り「フレッド・和田勇さん」の「和田勇賞」を設立させて頂いた次第であります。
今年も「和田勇物語」の感想文を、
御坊・日高地方の小・中学校の皆さんから38校951名の応募を頂きました、
誠にありがとうございました。
作品の中から「和田勇さんの奉仕の心」をくみとり、
自分の考え方をしっかりと訴え、表現された作品を選考させて頂き、
その中から最優秀賞に、「小学生の部」では、内原小学校5年:山﨑淑喜(としき)君、
「中学校の部」では、湯川中学校2年 阿部舞(ま)宏(ひろ)さんが選ばれ、
いずれも素晴らしい作品でありました。
後程の発表を楽しみにしております。
以上、告知とさせて頂きます。

◆乾杯・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・阪本仁志
2019-0208-003.jpg

◆幹事報告・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・宮所忠喜
1.クヌッセン機関長慰霊献花式について
2.例会変更なし

◆委員会報告
なし

***プログラム***
◆司会・・・・・・・・・・和田勇委員会:小池正幸副委員長
2019-0208-002.jpg
1.創立65周年記念事業の報告
2.和田勇賞について今年度該当者なし
3.和田勇物語感想文コンクール最優秀賞表彰式
・小学生の部最優秀賞
山﨑淑喜君(内原小学校5年生)(欠席)
・中学生の部最優秀賞
阿部舞宏さん(湯川中学校2年生)
4.最優秀賞作品披露

◎小学生の部最優秀賞
「和田勇さんの偉大な功績にふれて」
・・・・・・・・・・・・・・・・山﨑淑喜君(内原小学校5年生)

(山﨑君が欠席のため、藤田一希会員が代読)
2019-0208-004.jpg
ぼくは今まで、和田勇さんの名前を聞いたことはあったが
一体どんな人なのか全く知らなかった。し
かし今回、学習するにあたり、
初めて彼の偉大さを知ることができた。
彼は日系二世として生まれ四才の時両親とはなれて
和歌山県ご坊市で九才までの五年間、
祖父母宅でくらしていた。
そして九才の時再び米国に戻ることになった。
一九四九年戦後初めて日本人の全米水泳大会出場が実現し
そこで初めて日本人の全米水泳大会出場が実現し
そこで日本人選手がと米した際、
宿舎として自宅を提供し彼らの大会出場を支えた。
彼の行動力は、ぼくのあこがれです。
困っている人がいたら温かい手を差しのべて助ける、
ぼくはそんな優しい人になりたいと思った。
1959年東京五輪準備招致委員に選ばれた彼は
1964年の五輪に向けて各国に協力要請し、
開催に大きく貢献した。
戦後何もない東京に何の見返りも求めずに、
私財を投げうってまで招致しようとするなんて本当に驚いた。
戦後、偏見と人種差別の真っただ中に日本はありながら、
そんな逆境をものともせずに東京五輪を成功に導いた、
わが国の復活の立役者となった縁の下の力持ちこそが
和田勇さんだったのである。
ぼくは彼の努力と強い心に感銘を受けた。
彼がいなければ五輪開催はなかったかもしれないといっても過言ではないだろう。
もしもご坊で幼少期を過ごした影響が彼の中にあったならば
同じこの地に住んでいる僕も彼がみた同じ景色に触れているのかもしれないと思うだけで、
うれしく誇らしい気分になってくる。
彼は晩年、アメリカの日系人社会における高れい者し設を作り、
自分のお金や人生を人のために使っている。
ぼくには彼が、異国の地で苦労してきた日系人達を、
うやまい安心して余生をくらしてもらおうと考えたのだと思えて、
むねがいっぱいになった。
自分の周りだけでなく他の国の人の心までも動かせるなんて、すばらしいと思った。
僕は残念に思っていることが一つだけある。
それは彼に出会えないことである。
できることなら同じ時を過ごし言葉を交わしてみたかった。
彼を知るにつれて、
その思いはだんだんと強くなっているように思う。
人のために尽くすこと、おたがいに助け合うこと。
口でいうのはかん単だが、とても難しいことだと思う。
僕は彼のように誰かのためになり共に喜べる、
そんな人生を歩んでいきたい。
そして小さなありがとうを積み重ねて少しずつ彼に近づきたいと心から思った。

◎中学生の部最優秀賞
「強い思いを持って」
・・・・・・・・・・・・・・・阿部舞宏さん(湯川中学校2年生)

2019-0208-005.jpg

1964年の東京オリンピック。
私はそれを、当たり前のことのように扱ってきた。
日本でオリンピックが開催されたことは、当然だと思っていた。
しかし、それは大きな間違いだったと気づかされた。
和田勇が呼んできた、
奇跡のオリンピックだということを知った。
和田勇は、有名でもなく、偉い人でもない、
ただの青果店の店主だったという。
そんな人が、オリンピック開催を実現させたことに、私は驚いた。
彼は、名誉やお金が欲しかったわけではなく、
ただ日本や日本人のために、
自費で中南米へ飛んだ。
他のどんな人でもできない、
和田勇だからこそできたことだと思う。
目標を達成するために必要なこと。
それは能力や地位、資金ではない。
和田勇のように、
「絶対にやりとげてみせる」といった強い思いを持ち続けることだと思う。
純粋に、日本を復興させ、
世界の中での地位を上げることだけを考える。
与えられたオリンピック招致という大役を、
「任務」ではなく、
「一日本国民としての義務」だと捉え、全力を尽くす。
そして、一度始めたら、絶対に、何があっても、あきらめない。
和田勇のこのような考え方が、
遠く離れた中南米諸国の委員たちの心を動かし、
日本を救ったのだと思う。
何か、大きなことを成しとげること。
それは、決して楽ではないし、
やりとげられる確率は低いかもしれない。
しかし、和田勇はやりとげた。
強い思いと、自分を信じる心を持ち、
日本のために尽くしたその生き方は、
誰よりもかっこいいと感じた。
可能性が一パーセントでもあれば、
それを捨てず、信じて、行動できる。
そんな人間になりたい。
私は、心からそう思った。

◎選考経過並びに講評
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・和田勇委員会委員長:阪本仁志

〇湯川中学校2年生・阿部舞宏さんの作品
当たり前に前の東京オリンピックが行われたと思っていたら、
実は和田勇は有名でもなく偉い人でもない、
ただの青果店の店主が誘致活動をした奇跡のオリンピックだったんだと気づく。
名誉や金ではなく、
日本のためにと尽くしたその生き方は誰よりもかっこいいと感じた。
そんな人に私もなりたいと感想を述べられています。
〇内原小学校5年生:山﨑淑喜君の作品
和田勇の戦後日本に対するなんの見返りも求めず、
縁の下の力持ちの行動は僕と同じ御坊日高で幼少期を過ごした影響がもしあったとしたら、
同じこの地に住んでいる僕も彼が見た同じ景色に触れているのかもしれないと思うだけで、
うれしく誇らしい気分になる。
ただ残念なのは和田勇に出会えないことだ。
同じ時を過ごし言葉を交わしてみたかった。
誰かのために共に喜べる、
そんな人生を歩んでいきたいと思ったと感想を述べられています。
15年前に我々が御坊ロータリークラブ創立50周年記念事業で和田勇を顕彰する事業を立ち上げた時に、事
業の効果としてこんなすごいことをした人が、
御坊日高にゆかりがあった。
またその行動の原動力になったのは名田町と由良町で育った環境による。
我々の住んでいるのは誇り高い地域で、
もっと自信と誇りを持ってもいいんだ。
第2の和田勇のような人がこの地域から出れば、
我々の顕彰事業を行なう意味もあると思いました。
阿部さんも山﨑君も、
この思いを素直に感じてくれました。
今年でこの事業は14年目になりますが、
年々レベルが上がっているように感じます。
NHKの大河ドラマ「いだてん」に和田勇が登場するのかしないのか、
気になるところではありますが、
和田勇の「超我の奉仕」の精神がこの地域だけではなく、
日本国中に広がればと思いますし、
世界に貢献できる子供たちが一人でも生まれる事を祈念し、
講評といたします。

◎その他の入賞者については下記の通りです。
(敬称略)
【中学校の部】
応募者475名15校
・優秀賞
上田愛莉(県立日高高等学校附属中学校2年生)
沼野竜久(清流中学校2年生)
・佳作
浦崎怜彩(由良中学校2年生)
玉置文美(早蘇中学校2年生)
山吹薫乃(日高中学校2年生)
庄門大和(切目中学校2年生)
立野桂伍(湯川中学校2年生)
鈴木美夏(美山中学校2年生)
山田真史(名田中学校2年生)
大地紗永(印南中学校2年生)
原季句(大成中学校2年生)
岡本真夢(松洋中学校2年生)
大岩柊哉(稲原中学校2年生)
辻岡あずみ(河南中学校1年生)
石本こまち(御坊中学校2年生)
安原啓信(県立日高高等学校附属中学校2年生)
【小学校の部】
応募者数476名 23校
・優秀賞
丸山明日香(山野小学校5年生)
土井零奈(寒川第一小学校6年生)
・佳作
吉田和花(湯川小学校5年生)
柳原海里(塩屋小学校5年生)
平井千稀(野口小学校5年生)
市川羅海(衣奈小学校5年生)
林優希(藤田小学校5年生)
北岡真子(御坊小学校5年生)
石本悠人(名田小学校5年生)
森美月(和田小学校5年生)
湯川叶望(笠松小学校5年生)
吉成日和(白崎小学校5年生)
三好瑛太(由良小学校5年生)
平野沙耶(稲原小学校5年生)
田中みずき(志賀小学校5年生)
玉置琴美(川辺西小学校5年生)
堀江優甫(和佐小学校5年生)
佐藤柑奈(比井小学校5年生)
磯崎日向(比井小学校5年生)
青木和香(清流小学校5年生)
大山璃子(印南小学校5年生)
中田浩貴(三百瀬小学校5年生)
小川みちる(切目小学校5年生)

(中学校:応募者数475名15校、
小学校:応募者数476名23校、合計38校951名)
2019-0208-007.jpg
2019-0208-008.jpg
スポンサーサイト

06月22日例会

◆点鐘

◆ソング
「手に手つないで」
◆ビジター
柚瀬清会長・向井芳子幹事(御坊南RC)
森裕之会長・北垣 剛幹事(御坊東RC)
小柳達喜会長・中 勇太幹事・窪 一旭副幹事(御坊ローターアクトクラブ)
◆ゲスト
なし
◆会長告知・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・坂井誠治
皆さん、こんにちは。
ビジターの御坊南RCの柚瀬清会長、向井芳子幹事、
御坊東RCの森 裕之会長、北垣 剛幹事、
御坊ローターアクトクラブの
小柳達喜会長、中勇太幹事、窪 一旭副幹事(来期の会長です)、
7ようこそいらっしゃいました。8後程ご挨拶を頂きたいと思います。
どうぞ、よろしくお願いします。
又、今日の最終例会にご入会頂く明治安田生命の原谷一君、
ようこそお出で下さいました、
4月から首を長くしてお待ちしておりました、ありがとうございます。
後程入会式を行いたいと思います。

早いもので今日で46回目の例会、
最終例会を迎える事が出来ました。
これは本当に、皆さん、
御坊南RC、御坊東RC、御坊ローターアクトクラブの皆さんをはじめ、
我が御坊RCの面々、理事役員をはじめ
委員会の皆さんご協力を頂きまして本当にありがとうございました。

長嶋さんじゃあないですが、
「御坊RCは永遠に不滅です。」と言いたいところです。
後程「一年を振り返って」で、お話ししたいと思いますので、
この辺で終わります。
ありがとうございました。

◆幹事報告・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小池正幸
1.次週6月29日(金)は休会となります。
2.新旧引継会のお知らせ
.例会変更0件

◆入会式
原谷一君

2018-0622-001.jpg
兵庫県神戸市出身
・明治安田生命御坊営業所所長
(紹介者:岡本恒男君)


◆委員会報告
 なし

◆来賓挨拶
◎御坊南ロータリークラブ

2018-0622-002.jpg
・柚瀬清会長
私自身、二回目の御坊南ロータリークラブ会長という重責を
全うさせて頂きました事は、
皆様方のご厚情のお陰であると感謝申し上げます。
その間、長かった地区の混迷もほぼ決着という形になりました。
「悪貨は良貨を駆逐する」という経済学者グレシャムの法則があります。
昨今の情勢を鑑みて会員減少はやむを得ない所ですが、
ロータリアンの品格が否定されないよう
に我々も自覚をもって行動しなければと思うわけでございます。
・向井芳子幹事
年間お世話になりありがとうございました。
引き続きよろしくお願い申し上げます。

◎御坊東ロータリークラブ
2018-0622-003.jpg
・森裕之会長

本日は坂井会長・小池幹事、最終例会おめでとうございます。
御坊RC皆さんにはこの1年間お世話になり有難うございます。
特に坂井会長には大変お世話になりました。
合同初例会・有田2000との合同例会に
「和田勇さんのことをお話しして頂けないか」とお願いしたところ、
阪本さん、岡本さんにお願いして頂き、
有難うございました。
お二人にも快く引き受けて頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。
御坊東クラブは、祝日が入った週の例会は休会と
前年度から実施し、実際、1年を通しては私の年度からで、
今年度は6日間、休会日が増えました。
私自身は休会日が増えるのは嬉しいのですが、
「今日は例会あるの」といった問い合わせが私にあったり、
打ち合わせが必要な行事ごとがあるときには例会日がなかったりで苦労しました。
当クラブも、至らない点、多々あるかもしれませんが、
引き続きよろしくお願いします。
一年間お世話になりました。
・北垣剛幹事
一年間お世話になりありがとうございました。
引き続きよろしくお願い申し上げます。

◎御坊ローターアクトクラブ
2018-0622-004.jpg
・小柳達喜会長

来期退会者が多い中、新入会員3名あり、喜んでいます。
次年度も、皆様のご協力のもと、会員増強に努めたいと思います。
今年度は皆様ありがとうございました。
・中勇太幹事
一年間ありがとうございました。
・窪一旭副会長
献血活動は成功し、
日赤血液センターより感謝されました。
次年度も活動盛んに行いたく思います。
よろしくお願い申し上げます。
尚、来期会長に就任致しますので、
よろしくお願い申し上げます。





06月15日例会

◆点鐘
◆ソング

「あの素晴らしい愛をもう一度」
◆ビジター
なし
◆ゲスト
なし
◆会長告知・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・坂井誠治
皆さんこんにちは。
五味牧君ようこそいらっしゃいました、ありがとうございます。
お陰様で五味君の入会によりまして、
前会長阪本さんより引き継いだ会員42名から、
1名多い43名となりました。
後程、五味君の入会式を行いたいと思いますので、よろしくお願いします。
私も、いよいよ今日と、次週の例会を以て、
この席に座るのも終わりとなります。
告知も46回目を経験出来ました。
お陰様で、1年の間にスピーチの良い経験が出来ました。
あれだけ苦手と思っていたスピーチですが、
何事も経験、慣れですね。
何とか喋って、皆さんに伝える、聞いて貰うということが
少しわかってきたように思います。
ありがとうございました。

次期内閣の、古久保さん、宮所さん、
ワクワクしながら「待ちに待った」日が近付いていると思います。
次年度のご発展をご期待しております。
どうぞよろしくお願い致します。
今日は、第三例会の御祝と、
各委員会の発表がありますので、
これで告知を終わります。

◆幹事報告・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小池正幸
1.本日、五味さんのご入会により、会員数は42名から43名となります。
2.本日、アクトの例会があります。
 【出席】玉置(幸)君、丸山(初)君
3.御坊市から人権映画鑑賞会のお知らせ
 【日時】7月22日(日)13:30~
 【場所】御坊市民文化会館
 【内容】「この世界の片隅に」(アニメ鑑賞会、無料)
4.例会変更0件

◆入会式
2018-0615-001.jpg
五味牧君
・美浜町在住
・介護施設経営
株式会社ネクストビジョン

◆委員会報告
◎地区青少年交換委員会・・・・・・・・・・・・・・・・・田中博章
6月10日(日)、りんくう国際物流センターで、
長期受入入学生修了証書授与式、
ホストファミリー受入学校への感謝状授与式が行われ、出席しました。
6名の留学生のうち、1名は既に帰国し、
2名は残念ながら中途で帰国しました。
3人の終了式が行われました。
私は司会を勤めました。
涙と笑いに包まれた式典で、最後に記念撮影しました。

***プログラム***
◆「各委員長による経過報告」

06月08日例会

◆点鐘
◆ソング

「四つのテスト」
◆ビジター・ゲスト
鈴木淳也君(御坊ローターアクトクラブ)
◆会長告知・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・坂井誠治
皆さん、こんにちは。
御坊ローターアクトクラブの鈴木淳也君、
ようこそいらっしゃいました。
今期でローターアクトを退会されるそうですが、
鈴木君は地区のリーダーとして会員を引っ張ってくれました。
本当にお疲れ様でした。
培った感性をロータリアンとして引き継いで頂きたいと思います、
よろしくお願いします。
又、白河RC創設60周年記念行事にご参加の皆さん、
大変お疲れ様でした。
白河RCの会長も、遠くからの大勢の傘下に大変喜んで下さいまして、
昨日、姉妹クラブの締結再調印式の模様等が載った新聞を送って頂きました。
テーブルに回しますので、ご一読下さい。
これも、新聞を見ての話ですが、外国人就労についてです。
現在、日本の労働力人口は約6600万人だそうで、
労働力の約50人に1人は外国人が担っていることになります。
さらに22年後の2040年には、
15歳から64歳の生産年齢人口は1500万人減る見込みだそうです。
人手不足が深刻な建設業、農業、介護等5業種を対象に
2019年4月から新たな在留資格を設け
、原則認めていなかった、
単純労働にも門戸を開き、
2025年までに50万人の新たな在留資格者の就業を目指すそうです。
ただ、受け入れた外国人が地域に馴染んでくれるよう、
努力しないと日本社会の秩序を保っていくことが大変になってくるかもしれないですね。
告知を終わります。

◆幹事報告・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小池正幸
1.御坊ローターアクトクラブ6月第一例会のお知らせ
2.例会変更0件

◆御坊ローターアクトクラブ・・・・・・・・・・・会長小柳達喜
御坊ローターアクトクラブ納会のお知らせ

◆鈴木淳也君(御坊ローターアクトクラブ)
退会の挨拶
2018-0608-008.jpg

***プログラム***
◆「地区協議会の報告」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・司会丸山信仁

1.古久保泰男(会長エレクト)
2.小池正幸(IT委員会)
3.高辻幹雄(情報広報イメージ)
4.塩路信人(職業奉仕)
5.平野恵一(青少年奉仕・代理)
6.小池庸子(国際奉仕)
7.丸山初美(会員増強維持)
8.永楽 務(米山記念)
9.丸山信仁(地区委員長)
10.小池正幸
(シンガポール・白河地区大会・白河RC60周年記念式典についての報告)
①白河RC創立60周年記念式典
6月2日(土)出席者:会長はじめ21名
②同時に姉妹クラブ確認書締結式

◆白河RC創立60周年記念式典
【日時】6月2日(土)
【場所】東京第一ホテル新白河
2018-0608-001.jpg
坂井会長挨拶          
2018-0608-002.jpg
岡本会員によるユーモア溢れる日高桜の解説
2018-0608-003.jpg
坂井会長先行の鏡割り       
2018-0608-005.jpg
調印式
2018-0608-004.jpg
名誉会員による、御坊RCと白河RC姉妹クラブ締結の経緯説明

~同好会だより~
◆ 創生吟社
・第109回 5月(皐月)句会
(平成30年5月15日分)

【兼題】母の日・薫風・梅干し・雑詠
射干咲いて三十六計無に如かず(ヨシオ)
うららかや一鶯の声澄みて伸ぶ(眞玄)
精進す梅干漬物金山寺(照雄)
梅干して母の顔にも塩がふく(喜美子)
天守閣の影の中なる牡丹かな(千寿子)
あの世より追い返されて梅干を食む(邑人)
母の日や修正液で消す心(邑人)
遠き日の憶ひ誘へり春霞(好花)
若竹や警策の音堂内に(好花)
薫風や嬰のつむりにつじ二つ(静女)
母の日や母に似過ぎの母嫌い(静女)
牛の眼に大空映り風薫る(信彦)
白粥に梅干し似合う病後食(信彦)
毎日のネイルアートに泣く百足(初美)
野に山に春の色ありにほひあり(初美)
・次回句会のお知らせ
【日程】平成30年6月11日(月)
【兼題】夕焼・六月・紫陽花・雑詠

06月01日例会

◆点鐘
◆ソング

「君が代」
「御坊ロータリーの歌」
◆ビジター・ゲスト
なし
◆会長告知・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・坂井誠治
皆さんこんにちは、早いもので、
今日で今期の例会が43回目になり、
私の会長職もあとひと月で首になろうとしています。
嬉しさ70%、寂しさ30%でしょうか?
今日の例会プログラムは家庭集会での発表で、
皆さんの審判が下ろうとしています。
発表者の皆さん、お手柔らかにお願いします。

今日、新聞で見た話ですが、
日銀の貨幣博物館で企画展示をしている内で、
江戸時代後期に書かれた、
お金にまつわる物語や教訓を挿絵入りで書かれたもので、
「お金を飛脚に擬人化した作品」で、
すばしこく、お金は家の中へは上がらず、すぐお暇をする。
せわしなさに、「トンと心が落ち着かぬ。
まあ上がりなせえ」と家の者が言うと、
お金は「飛脚の身、たばこ一服でも、とは成りません。」とつれないそうです。
今の世とも重なり、円安で輸入品が値上がりし、
ガソリン代も高い、社会保険はじりじりと上がる一方だ。
お金が出ていくのを止められない点は現代と変わらないということです。

現代において、
心配なのは年金、医療、介護等社会保障費の負担がどう膨らむか、
家計の負担は避けられない。
益々、お金は家の中には上がってくれないようです。
告知を終わります。

◆幹事報告・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小池正幸
1.明日、白河へ出発します。
2.例会変更0件

◆委員会報告
◎姉妹クラブ委員会・・・・・・・・・・・・・・・委員長 丸山信仁

明日、白河RC60周年記念式典ツアーに出発します。
参加者の皆様にはよろしくお願い致します。

◆地区青少年奉仕委員会・・・・・・・・・・委員長 丸山信仁
地区青少年奉仕委員長としてお願いです。
6月10日(日)RAC年次大会を、堺アゴーラで行います。
提唱ロータリークラブとして多くの参加をお願いします。
締め切りは5月31日ですが、今日なら間に合います。
RAC鈴木淳也まで連絡をお願いします。

***プログラム***
◆ 「家庭集会発表」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ロータリー情報委員会


~同好会だより~
◆ 創生吟社(俳句同好会)
・第107回3月(弥生)句会
(平成30年3月13日分)

【兼題】春の宵・桃の節句・磯遊・雑詠
二月逝く兜太く逝く沖にはぐれ雲(ヨシオ)
六道の遺伝子煩悩春の宵(眞玄)
年取らぬ雛に負けじや若づくり(照雄)
磯遊びおさなごの手潮だまり(貴美子)
極楽も地獄も身近春の宵(邑人)
ありふれし日常いとしき桃花咲きけり(邑人)
眉よせて口をとがらせ蜆汁(好花)
結露ふく窓の外なる寒椿(好花)
磯遊び記憶はけだるい潮だまり(静女)
ヒヤシンス噂の根っ子は案外白い( 静女)
ぼんぼりを点しておいてひなの私語(昌余)
春の宵二分咲花芽息聞こゆ(昌余)
磯遊び擦傷沢山持ち帰り(信彦)
凍りつく教師武装の声聞いて(信彦)
二月来て兜太兜を脱ぎにけり(初美)
いつの世が良かったのかと雛に問い(初美)

・第108回 4月(卯月)句会
(平成30年4月9日分)

【兼題】桜・若鮎・春惜しむ・雑詠
足の裏三日洗わず春の風邪(ヨシオ)
春愉し天は光りし地は温し(眞玄)
卒寿過ぎ春落日に音もなし(照雄)
夫とみた薄墨桜忘れない(喜美子)
ひとひらの花片を髪に眠る嬰よ(千寿子)
夕映えに白炎となる桜花の山(邑人)
桜花愚痴の呟き雨になり(邑人)
ふり返り惜しみつゝ歩む花の道(好花)
雨止みて人知らずとも芽吹きかな(好花)
甘茶仏爺に好つき婆に鬼つき(静女)
入相桜怨念白くつつましく(静女)
故郷の山河変わりて春惜しむ(信彦)
若鮎の幻影映す我が脳裡(信彦)
桜咲く山にぼんぼり燈すよに(初美)
春耕の土のにほいと共に生き(初美)
プロフィール

御坊ロータリークラブ

Author:御坊ロータリークラブ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR