FC2ブログ

10月28日例会

◆点鐘
◆ソング

「里の秋」
◆出席名誉会員
なし
◆ビジター
木村勝次君(地区米山委員)
平野恵一君(水口RC)
◆ゲスト
林殷如様(御坊南RC)

◆会長告知・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・阪本仁志
こんにちは。
ビジターの地区米山委員の木村勝次君、
水口RCの平野恵一君ようこそお越し頂きました。
また米山奨学生の林さん、後ほど卓話お願いします。
日曜日の地区大会にご参加の皆様、お疲れ様でした。(略)
私は、山﨑幹事と前日の土曜日から出席致しました。
前日には、選挙人会議というのがあって、
地区のいろんな会議の中で一番重要な会議と言っても過言ではありません。
会員数に応じて議決数が決まっており、
我が御坊RCは2票の議決権があります。
報告になりますが、5つの議案を審議しました。
その中で来年の地区大会が10月21~22日と和歌山市で行うことが決まりました。
また来年初めて副ガバナーを置くことになり、
和歌山南RCの前窪パストガバナーが決まりました。
これはガバナーに何かあった時に円滑に地区運営を引き継ぐための保険のようなものです。
その他、前年度の地区の決算報告がありました。(略)
土曜日夜のRI会長代理を囲む晩餐会も豪華で一緒に参加した私の女房も喜んでおりました。
告知終わります。

◆幹事報告・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・山﨑正昭
1.本日例会終了後、理事役員会を行いますので、よろしくお願い致します。
2.地区より、先日の地区大会の御礼状が届いています。
3.例会変更なし

◆委員会報告
◎ロータリー情報委員会

家庭集会のお知らせ

***プログラム***
◆日本との縁・・・林殷如様(御坊南RC・米山奨学生)
2016-1028-001.jpg

自己紹介
私の出身は、台湾の桃園県です。
(略)特産品は、「豆干ドゥーガン」(豆腐を干したもの)、
「花生酥ファーシェンスー」(ピーナッツのお菓子)と桃が挙げられます。
有名な観光スポットは、中壢観光夜市と大渓老街があげられます。
日本との縁:台湾の日本殖民時代
台湾の日本統治時代は、日清戦争の結果、
下関条約によって台湾が清朝(当時の中国)から
日本に割譲された1895年(明治28年)から、
第二次世界大戦終了後、1945年(昭和20年)までの時代でした。
約50年間。
そして、日本政府は、その50年の間に台湾で莫大な投資をして
ソフト・ハード両面を劇的に充実していきました。
そのため、台湾には、今尚日本統治時代の建物や心が残っています。
例えば、ハード面として、色んな建物が残されています。
桃園県に残る日本の建物と言うと、①「桃園神社」と②「武德殿」があります。

その他、ソフト面からいうと、例えば、「台北帝国大学」を成立し、
台湾人向けの小学校施設を多く設置し、
日本語教育を徹底的に広げていました。(略)
また、スポーツ競技といえば
台湾のプロ野球は世界的に有名で強いといわれていますが、
台湾で最初に野球の試合が行われたのは、1897~8年頃で、当
時の日本銀行の駐在員達が空き時間に行った事からだと言われています。(略)
このように、台湾は、昔から日本に大きな影響を与えられてきて、
日本から色々なものやことを教えてもらいました。
その為、大半の台湾人は、日本に対して感謝の気持ちを抱いています。
これは、なぜ台湾では親日派が多い理由がおわかりになるのではないだろうか。

*米山奨学生になってから:
実は、私は米山奨学生になったきっかけで、
もう1つ台湾と日本との深いゆかりを知ることができました。
それは、台湾でもRCがあることをしりました。
米山奨学生になる前に、台湾にいてもRCという組織と接する機会が全くなくて、
RCのことは全然知りませんでした。
しかし、米山奨学生になって、この卓話を準備する為に色々調べてみたら、
一番驚いたことは、台湾で最初に成立したRCは、
日本殖民時代に東京のRCからの指導を受けて成立した事実でした。(略)
そして、米山奨学生になってから、RCから金銭の支援だけではなく、
各国からの留学生たちと各クラブのロータリアンたちと出会う機会がたくさん与えられました。
また、色々な行事やイベントに参加させて頂き、
日本文化を身をもって体験することもできました。
各クラブへの卓話を通して、人への感謝の気持ちをちゃんと言葉で伝える能力を身に付ける事も出来ました。
これらのことによって、人間力を高め、自己成長につながることになると思うと、
本当に自分が奨学生になって本当によかったと感じています。
今の自分がいるのは、全てRCが支えて頂いたお蔭だと思っております。

~同好会だより~
◆書道同好会(明倫会)
・10月例会作品

2016-1028-003.jpg

2016-1028-004.jpg

2016-1028-005.jpg

2016-1028-006.jpg

2016-1028-007.jpg

2016-1028-008.jpg

・11月例会11月8日(火)・22日(火)19:30~21:00

スポンサーサイト

10月21日例会

◆点鐘
◆ソング

なし
◆出席名誉会員・ビジター
なし
◆ゲスト
森川正教様(往生寺御住職)

◆会長告知・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・阪本仁志
こんにちは。
ゲストの森川往生寺ご住職様ようこそお越し頂きました。
後ほど卓話お願いします。
先週は月見例会にご出席頂きありがとうございました。
気持の良い星空でした。
準備頂いた親睦活動委員会やSAAの皆様、ありがとうございました。
さて先週の水曜日、12日に中町の旧JAの建物が、
「御坊寺内町会館」に改築しオープンしました。
これは寺内町に観光に訪れたお客様の休憩所として利用しようと
御坊市から委託を受けて御坊商工会議所が運営するものです。
主に御坊祭りの道具等を展示しますが、
その中で御坊市の名誉市民第1号の
和田勇さんの資料展示の依頼がクラブにあり、
遺品を展示しております。
急な話だったので、とりあえず並べており、
次の理事会で賛同を得た後、正式に展示したいと考えております。
和田勇さんを顕彰する事業は、皆様ご存知のように、
今から13年前の御坊RC50周年記念事業で取り上げました。
川瀬会長の時です。
日本のために奉仕した方は大勢いらっしゃいますが、
彼は東京オリンピック誘致に協力しただけではなく、
ロサンゼルスオリンピックやメキシコオリンピック誘致のためにも働いた真の国際人です。我
々は彼の偉業を「超我の奉仕」と讃えますが、
故古橋廣之進さんはじめスポーツ界、芸能界、文化芸術界と
当時アメリカに行くのが大変な時代に和田さんを頼った人は大勢いました。
宿舎として提供するだけではなく、
金銭的な寄付であったり、
無理難題を押し付けられたと思います。
生前奥さんの正子さんや長女のグレイスさんも
「パパ、利用されてるだけやで!」とよく言ったと。そ
したら「わしを頼っているんやからええやないか。」と答えたと話されておりました。
利用されているだけとわかっていてもNOと言わずに協力した、こ
んな姿勢を私は「超我の奉仕」と呼んでいいと思います。
まさにロータリーらしいなと思います。
私も和田勇さんのような男になりたいと思います。
告知終わります。

◆幹事報告・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・山﨑正昭
1.次週10月28日例会終了後、理事役員会を行いますので、よろしくお願い致します。
2.御坊RACの10月第2例会のおしらせ
3.お手元に、今年度の会員名簿の作成に関するお願いを配布しております。
4..例会変更なし

◆委員会報告
◎定款細則委員会

11月1日・16日・22日
◎地区アクト委員会
◎ロータリー情報委員会

家庭集会のお知らせ

◆地区大会第2日目本会議
【日時】10月23日(日)11:00登録受付・昼食、12:30開会、15:30閉会
【場所】ホテルアゴーラリージェンシー堺

***プログラム***
◆日高出身の偉人「徳本上人」について
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・森川正教様(往生寺御住職)

2016-1021-001.jpg

徳本上人…宝暦(1759)年6月22日~文政元(1818)年10月6日、
念仏行者として近畿から関東にかけ念仏修行、念仏布教した僧侶。
1.誕生から出家
日高郡久志村(志賀)に田伏三太夫(元畠山)の長男として生まれる。
現在の誕生院は生家跡に建てられている。
4才にして、近所の4才の子が亡くなり「無常」を感じる。
16才にして、三宝(仏、法、僧)に誓って「朝夕の勤行」「不臥」を始める。
27才、財部・往生寺大円和尚から剃髪・得度の式を受け僧侶となる。
(朝は2~3時に礼拝し、山を歩き、
夜は堂内で念仏を唱え、生涯を粗食でとうし、
睡眠時間は16才のころからずっと2~3時間しかとらず、
亡くなるまで、横になって寝ることは無かったといいます)
2.苦修錬行
大滝川・月照寺で30日の別時念仏、
千津川・落合谷で6年間修業。
萩原の草庵、有田須ケ谷等で修行。
3.念仏修行・教化
享和元年~ 箕面・勝尾寺に錫留し、説法。
京都・鹿ケ谷法然院にて除髪し関東へ向かう。
江戸府内はもとより、関東の近国を訪れ布教活動を行う。
晩年には、小林一茶と共に北陸地方を旅しており、
上人を詠んだ句も14句あります。
徳本の腹を肥やせよ蕎麦の花
上人の口真似してやなく蛙(小林一茶)
文政元年10月6日、小石川・一行院にて往生(61歳)
上人の書かれた独特の徳本文字といわれる「南無阿弥陀仏」の名号碑(石碑)は、
和歌山県はもちろん近畿、東海、北陸、信州、関東地方などに数多く残されている。
誕生院徳本上人2

10月14日例会

◆点鐘
◆ソング

なし
◆出席名誉会員・ビジター
なし
◆ゲスト鈴木里佳様・奥村政喜様

◆会長告知・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・阪本仁志
こんばんは。
ご家族の皆さんもようこそ月見例会にご出席頂きました。
今年度会長をさせて頂いております阪本です。
本日は久しぶりの夜間例会です。
親睦委員会やSAAの皆様、設営ありがとうございました。
暑かった夏も過ぎ、朝晩は急に涼しくなってきました。
お月見というと中秋の名月「十五夜」を思いますが、
それから1ヶ月後の旧暦の9月13日の満月を「十三夜」と言うらしいです。正
確には昨日でした。
実は私は幼少の頃は天体観測が趣味でした。
野村義夫さんの弟と同級生で、
一緒に天気が良ければ望遠鏡で夜空を見ておりました。
例えば北極星と地球の距離は400光年と言われております。
光と同じ速さで走って400年かかる。
ということは今我々が見ている北極星の光は400年前の姿です。
日本で言えば徳川家康の時代です。
不思議じゃないですか?
星空を眺めていると自分の存在が小さく感じられますが、
逆に小さなことにクヨクヨするのも馬鹿らしくなります。
広島が勝とうが巨人が負けようがどうでも良くなります。
後程ジャズも聞けるらしいので、気持ちの良い夜をお楽しみ下さい。
告知終わります。

◆幹事報告・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・山﨑正昭
1.地区大会は、今月22日(土)・23日(日)です。
第2日目本会議は、11:00登録受付・昼食、12:30開会、15:30閉会です。
場所は、ホテル・アゴーラリージェンシー堺です。
よろしくお願い致します。
2.例会変更なし

◆委員会報告
なし

***プログラム***
◆月見例会
【時間】19:00~21:00
【場所】かわべ天文公園

2016-1014-007.jpg

2016-1014-003.jpg

2016-1014-002jpg.jpg

2016-1014-005.jpg

~同好会だより~
◆創生吟社・第89回長月句(平成28年9月12日)
・9月例会作品
酢漿の侵略許す爺なりし(ヨシオ)
そよ風と行くとんぼうの悠々と(眞玄)
玄関に目立つ真白な補中網(照雄)
ままごとの祝う赤飯赤まんま(喜美子)
大夕焼けビルの隙間を縦に染む(千寿子)
秋澄むや辻に楽士の馬頭琴(邑人)
波止暮れて波音ばかり秋探し(邑人)
とんぼ乗る無人の駅の一人旅(好花)
立秋やわが老計を立てんとす(好花)
口癖はお迎え遅し薬掘る(静女)
蝙蝠やプライド脳へ逆流す(静女)
打ち水に待ち人来ぬ間また乾き(昌余)
茄子の花徒はなしとの母想う(昌余)
薬掘り爪黒くして帰り路 (信彦)
幾千の歳月積もる薬掘る(信彦)
蝙蝠や逆さの夢を昼に見る(初美)
言い訳はよそう柘榴が笑ってる(初美)
・次回句会のお知らせ
【日程】28年10月11日(火)
【兼題】秋桜・紅葉狩り・灯火親し・雑詠

◆創生吟社・第90回長月句(平成28年10月11日)
・10月例会作品
半跏思惟像かき氷が歯に沁むや(ヨシオ)
残り蚊は直線的に襲い来る(眞玄)
秋嵐ゆとり無職の年金者(照雄)
いが栗のポソリと落ちる夜半の森(千寿子)
秋桜は睫毛の長き少女似て(邑人)
且つ忘れ且つ読む季語集灯火親し (邑人)
野良着つけ畔に憩えるかかしかな(好花)
天つ神怒りたまふか秋出水(好花)
振り向かないちょっと曲がるけどなめくじ(静女)
紅葉狩り刈られてばばの位かな(静女)
切り株に用ずみ案山子の思案顔(昌余)
野辺はみな秋の彩なり吹く風も(昌余)
紅葉狩り焼餅茶屋も通り道(信彦)
紅葉狩り夢中でシャッター連れ忘れ(信彦)
蓑虫や母はどこへも行かぬなり(初美)
コスモスや嫁ぐ笑顔を見送りぬ(初美)
・次回句会のお知らせ【日程】28年11月14日(月)
【兼題】山茶花・冬めく・小春・雑詠

10月07日例会

◆点鐘
◆ソング

「小さい秋みつけた」
◆出席名誉会員
なし
◆ビジター
野恵一君(水口ロータリークラブ)
◆ゲスト
数野裕史様(関西電力御坊発電所所長)

◆会長告知・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・阪本仁志
こんにちは。
ビジターの水口RCの平野恵一君、ようこそお越し下さいました。
またゲストの関西電力御坊発電所数野裕史所長様も、
ようこそお越しくださいました。
後ほど卓話をお願いします。
今月に入り、各地で秋祭りが開催されております。
一昨日は御坊祭りが台風の悪天候の中、無事挙行されました。
天候は悪かったのですが、良いお祭りでした。
御坊祭りは今は9組で神賑行事を行っています。
私の組は下組といって、小竹八幡の東南に位置し、
9組の中で50軒ほどの一番小さい組です。
前にも披露したことが有りましたが、
和歌山県の無形民俗文化財に指定されております、
「雀踊り」という三味線を使った踊りが特徴です。
丸山初美君の山野地区や、私のお店のある丸山地区にも、
同じように雀踊りがあります。
五穀豊穣を祈る秋祭りらしい踊りです。
京都の都踊りの中にも雀踊りと同じような歌詞が出てきます。
今から200年以上前に御坊下組に伝わり、
その後小松原に伝わり、明治の初めに山野に伝わったと言われておりまして、
たぶん京都から踊りや三味線の先生を呼んで、
娯楽として習ったのが始めだったと推測します。
古典芸能を継承していくのも大変で、
三味線の練習は一年を通じて行い、
最近は中学生にも教えております。
最近は子供の数も減ってきましたが、
年齢関係なく楽しめるのも祭りの醍醐味の一つです。
たぶん皆さんは各地の祭りの中心人物だと思いますので、
I serveの精神で祭りに関わり続けて頂きたいと思います。
告知終わります。

◆幹事報告・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・山﨑正昭
1.本日、ローターアクトクラブ例会がありますので、
担当者の方はご出席お願い致します。
2.例会変更なし

◆委員会報告
◎ロータリー情報委員会・・・・・・・・・・・・・・・・・・丸山信仁

ロータリーの友P.54に丸山初美君が載っています。

◎親睦活動委員会・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小池正幸
次週月見例会は19時から天文公園で行います。

***プログラム***
◆<気候変動枠組条約と京都議定書>
・・・・・・・・・・・・・・数野裕史様(関西電力御坊発電所所長)

2016-1007-001.jpg
今日は地球温暖化問題と電気事業ということで話させて頂きます。
科学的な側面、国際政治の中での温暖化問題を取り扱われているか、
日本ではどの様な対策がとられているか、ということでさせて頂きます。
気候変動に関する国際連合枠組条約(UNFCCC)
・1992年の地球サミット(UNCED、於リオ・デ・ジャネイロ)で署名され1994年に発効
・大気中の温室効果ガスの増大が地球を温暖化し、
自然の生態系等に悪影響を及ぼすおそれがあることを背景に、
大気中の温室効果ガスの濃度を安定化させることを目的とした条約。
・共通だが差異のある責任を原則とし、
気候変動分野における先進国・途上国の取扱を区分。
・同条約に基づき、1995年から毎年、
気候変動枠組条約締約国会議(COP)を開催。
京都議定書
【対象ガス】二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素、
代替フロン等3ガス(HFC、PFC、SF6)、三フッ化窒素(CP2より追加)
【吸収源】森林等の吸収源による二酸化炭素吸収量を算入
【基準年等】1990年(HFC、PFC、SF6は1995年としても良い)
・第1約東機関(CP1):2008~2012年
・第2約東期間(CP2):2013~2020年
・数値目標;先進国全体で少なくとも5%削減を目指す。
【各国の目標(CP1)】日本△6%、米国△7%、カナダ△6%、EU△8%、ロシア0%、豪+8%等

~同好会だより~
◆書道同好会(明倫会)
・9月例会作品
2016-1007-005.jpg

2016-1007-006.jpg

2016-1007-007.jpg

2016-1007-009.jpg

2016-1007-008.jpg


・10月例会
10月18日(火)・25日(火)19:30~21:00
プロフィール

御坊ロータリークラブ

Author:御坊ロータリークラブ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR