FC2ブログ

02月22日例会

◆点鐘
◆ソング

「それでこそロータリー」
◆出席名誉会員
なし
◆ビジター
なし
◆ゲスト
なし

◆会長告知・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・古久保泰男
IMG_2382.jpg

皆さん、こんにちは。
本日は防災意識を高める意味も込めて、
1月に竣工しました名屋地区の津波避難タワーを見学して頂きます。
少し寒いかもしれませんが、ご辛抱下さい。

概要は、
鉄骨造
想定避難者数370人
避難階床面積247.9㎡
想定浸水深さ6.9m
避難階高さ10.0m
工事費2億8000万円
…となっております。
詳しくは市の防災課が現地で説明をして頂けます。
くれぐれも風邪をひかない様にお願いします。
以上、告知とさせて頂きます。

◆幹事報告・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・宮所忠喜
1.本日の例会プログラムは、避難タワー見学です。
13:00になりましたら避難タワーに移動しますので、
よろしくお願い致します。
2.本日は理事役員会を行います。
場所はヤナギヤ横ふわりです。
理事役員の皆さんは、避難タワー見学終了後、ふわりにご移動下さい。
よろしくお願い致します。
3.本日、アクトの移動例会がありますので、
関係者の皆様にはよろしくお願い致します。
4.例会変更なし

◆委員会報告なし

***プログラム***
◆避難タワー見学
IMG_2383.jpg
IMG_2386.jpg
IMG_2387.jpg
IMG_2388.jpg



スポンサーサイト



02月15日例会

◆点鐘
◆ソング

「スキー」
◆出席名誉会員・ビジター
なし
◆ゲスト
前田和紀様(株式会社ステラワークス・プロデューサー)
◆会長告知・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・会長:古久保泰男
皆さん、こんにちは。
本日のゲスト・コメンテーターは株式会社ステラワークス・プロデューサーの前田和紀様です。
後程の卓話・作品を楽しみにしております。
訪日外国人3000万人時代を迎え、
観光地を訪れた訪日外国人(インバウンド)は今後、
更に日本への興味を深めて「地方」へと流れるとみられているとの事。
人口減少・経済衰退に悩む地方では、
訪日外国人の誘客が有力な経済振興策として注目されています。
観光資源に磨きをかけ、
大都市から訪日客を呼び込む取り組みが進んでいるとの事。
熊野本宮大社には、
リュックサックを背負った欧米系の訪日客が多く見られた。
その一人は「歴史や自然を感じながら日本文化に触れたい」と訪日の目的を話した。
2007年に500人だった外国人宿泊客が2017年には21133人と42倍に急増した。
益々、地方誘客への戦略に磨きを掛けたいものです。
又、インスタグラムにより拡散された影響もあると思われます、
今回の、御坊・日高を舞台にした、
映画製作も訪問客を増やす一つの手段だと思います。
以上、告知とさせて頂きます。

◆幹事報告・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・宮所忠喜
1.次週2月22日(金)の例会終了後、理事役員会を行いますので、
よろしくお願い致します。
2.ローターアクトクラブからのお知らせ
2月の第2例会(スポーツ例会)は、次週に変更となりました。
3例会変更なし

◆委員会報告
◎米山委員会…………………………………高辻幹雄

米山特別寄付金として会員の皆様からのご協力ありがとうございました。
また、小竹伸和君は第2回米山功労者、
玉置昭悟君は第3回米山功労者、
野村義夫君は第4回米山功労者として表彰状が送られてきています。

***プログラム***
◆「御坊・日高を舞台にした映画製作について」
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・前田和紀様(プロデューサー)

2019-0215-05.jpg

◎前田和紀氏プロフィール株式会社ステラワークスCOO、和歌山市出身。
京都映画祭運営委員を経て、映画製作への道へと進む。
初長編映画プロデューサス作は、平田 満主演「ソウルフラワートレイン」。
以降、波瑠主演の「流れ星が消えないうちに」、
和歌山市ロケの映画「ちょき」、
太地町ロケ映画「ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる」。

◎御坊日高映画プロジェクトについて
・・・・・・御坊日高映画プロジェクト実行委員長・阪本仁志

2019-0215-06.jpg
御坊日高映画プロジェクト実行委員会は、
御坊日高を舞台とした映画製作の協力を通じて、
広域の連携を深め御坊日高の魅力を内外に発信することを目的として結成されました。
商工会議所、商工会、観光協会、ロータリークラブ、ライオンズクラブ、
地元企業、青年団体などが理事を務め、
名誉顧問に二階代議士と二坂知事、顧問に御坊日高の各首長と日高振興局長、
道成寺小野院主をはじめとしたアドバイザー、
地域づくりに尽力する企画運営委員らで構成されています。

1.映画概要

【名称】「かけおち(仮)」
【脚本・監督】外山文治
【プロデューサー】前田和紀
【制作会社】新世界合同会社
【配給会社】東京テアトル
【スケジュール】2019年夏撮影2020年公開予定
2.協賛金
【名称】御坊日高映画プロジェクト協賛金
【使途】映画製作費、事務費等
【金額】一口 5,000円
【特典】エンドロール掲載は、法人10口以上、個人4口以上、
【〆切】平成31年3月末日
【振込先】紀陽銀行御坊支店普通1252479、御坊日高映画プロジェクト実行委員会

02月08日例会

◆点鐘
◆ソング
「四つのテスト」
◆出席名誉会員
なし
◆ビジター
平松一彦君(有田2000ロータリークラブ)
◆ゲスト
阿部舞宏さん(湯川中学校2年生)
津村仁志先生(湯川中学校校長)
阿部鈴子さん(ご家族)

◆会長告知・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・会長:古久保泰男
2019-0208-001.jpg
皆さん、こんにちは。
本日は65回目、創立65周年記念例会となります。
ビジターとして有田2000RCの平松一彦君、
ゲストの阿部舞(ま)宏(ひろ)さん、
湯川中の津村仁志先生、
阿部舞宏さんのお母様の阿部鈴子様、
ようこそいらっしゃいました。
さて、当クラブは中野賢一名誉会員はじめ25名の方々が、
昭和28年の7・18水害の時にお世話になりました、
「和歌山RC」・「田辺RC」の奉仕活動に感銘を受け、
恩に報いる為に、「復興」で大変な中、
翌年昭和29年2月5日に和歌山県で3番目に発足致しました。
ご尽力されました先輩諸氏に敬意を表します。
又、創立50周年記念事業として、
東京オリンピック招致活動をされました、
郷土の誇り「フレッド・和田勇さん」の「和田勇賞」を設立させて頂いた次第であります。
今年も「和田勇物語」の感想文を、
御坊・日高地方の小・中学校の皆さんから38校951名の応募を頂きました、
誠にありがとうございました。
作品の中から「和田勇さんの奉仕の心」をくみとり、
自分の考え方をしっかりと訴え、表現された作品を選考させて頂き、
その中から最優秀賞に、「小学生の部」では、内原小学校5年:山﨑淑喜(としき)君、
「中学校の部」では、湯川中学校2年 阿部舞(ま)宏(ひろ)さんが選ばれ、
いずれも素晴らしい作品でありました。
後程の発表を楽しみにしております。
以上、告知とさせて頂きます。

◆乾杯・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・阪本仁志
2019-0208-003.jpg

◆幹事報告・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・宮所忠喜
1.クヌッセン機関長慰霊献花式について
2.例会変更なし

◆委員会報告
なし

***プログラム***
◆司会・・・・・・・・・・和田勇委員会:小池正幸副委員長
2019-0208-002.jpg
1.創立65周年記念事業の報告
2.和田勇賞について今年度該当者なし
3.和田勇物語感想文コンクール最優秀賞表彰式
・小学生の部最優秀賞
山﨑淑喜君(内原小学校5年生)(欠席)
・中学生の部最優秀賞
阿部舞宏さん(湯川中学校2年生)
4.最優秀賞作品披露

◎小学生の部最優秀賞
「和田勇さんの偉大な功績にふれて」
・・・・・・・・・・・・・・・・山﨑淑喜君(内原小学校5年生)

(山﨑君が欠席のため、藤田一希会員が代読)
2019-0208-004.jpg
ぼくは今まで、和田勇さんの名前を聞いたことはあったが
一体どんな人なのか全く知らなかった。し
かし今回、学習するにあたり、
初めて彼の偉大さを知ることができた。
彼は日系二世として生まれ四才の時両親とはなれて
和歌山県ご坊市で九才までの五年間、
祖父母宅でくらしていた。
そして九才の時再び米国に戻ることになった。
一九四九年戦後初めて日本人の全米水泳大会出場が実現し
そこで初めて日本人の全米水泳大会出場が実現し
そこで日本人選手がと米した際、
宿舎として自宅を提供し彼らの大会出場を支えた。
彼の行動力は、ぼくのあこがれです。
困っている人がいたら温かい手を差しのべて助ける、
ぼくはそんな優しい人になりたいと思った。
1959年東京五輪準備招致委員に選ばれた彼は
1964年の五輪に向けて各国に協力要請し、
開催に大きく貢献した。
戦後何もない東京に何の見返りも求めずに、
私財を投げうってまで招致しようとするなんて本当に驚いた。
戦後、偏見と人種差別の真っただ中に日本はありながら、
そんな逆境をものともせずに東京五輪を成功に導いた、
わが国の復活の立役者となった縁の下の力持ちこそが
和田勇さんだったのである。
ぼくは彼の努力と強い心に感銘を受けた。
彼がいなければ五輪開催はなかったかもしれないといっても過言ではないだろう。
もしもご坊で幼少期を過ごした影響が彼の中にあったならば
同じこの地に住んでいる僕も彼がみた同じ景色に触れているのかもしれないと思うだけで、
うれしく誇らしい気分になってくる。
彼は晩年、アメリカの日系人社会における高れい者し設を作り、
自分のお金や人生を人のために使っている。
ぼくには彼が、異国の地で苦労してきた日系人達を、
うやまい安心して余生をくらしてもらおうと考えたのだと思えて、
むねがいっぱいになった。
自分の周りだけでなく他の国の人の心までも動かせるなんて、すばらしいと思った。
僕は残念に思っていることが一つだけある。
それは彼に出会えないことである。
できることなら同じ時を過ごし言葉を交わしてみたかった。
彼を知るにつれて、
その思いはだんだんと強くなっているように思う。
人のために尽くすこと、おたがいに助け合うこと。
口でいうのはかん単だが、とても難しいことだと思う。
僕は彼のように誰かのためになり共に喜べる、
そんな人生を歩んでいきたい。
そして小さなありがとうを積み重ねて少しずつ彼に近づきたいと心から思った。

◎中学生の部最優秀賞
「強い思いを持って」
・・・・・・・・・・・・・・・阿部舞宏さん(湯川中学校2年生)

2019-0208-005.jpg

1964年の東京オリンピック。
私はそれを、当たり前のことのように扱ってきた。
日本でオリンピックが開催されたことは、当然だと思っていた。
しかし、それは大きな間違いだったと気づかされた。
和田勇が呼んできた、
奇跡のオリンピックだということを知った。
和田勇は、有名でもなく、偉い人でもない、
ただの青果店の店主だったという。
そんな人が、オリンピック開催を実現させたことに、私は驚いた。
彼は、名誉やお金が欲しかったわけではなく、
ただ日本や日本人のために、
自費で中南米へ飛んだ。
他のどんな人でもできない、
和田勇だからこそできたことだと思う。
目標を達成するために必要なこと。
それは能力や地位、資金ではない。
和田勇のように、
「絶対にやりとげてみせる」といった強い思いを持ち続けることだと思う。
純粋に、日本を復興させ、
世界の中での地位を上げることだけを考える。
与えられたオリンピック招致という大役を、
「任務」ではなく、
「一日本国民としての義務」だと捉え、全力を尽くす。
そして、一度始めたら、絶対に、何があっても、あきらめない。
和田勇のこのような考え方が、
遠く離れた中南米諸国の委員たちの心を動かし、
日本を救ったのだと思う。
何か、大きなことを成しとげること。
それは、決して楽ではないし、
やりとげられる確率は低いかもしれない。
しかし、和田勇はやりとげた。
強い思いと、自分を信じる心を持ち、
日本のために尽くしたその生き方は、
誰よりもかっこいいと感じた。
可能性が一パーセントでもあれば、
それを捨てず、信じて、行動できる。
そんな人間になりたい。
私は、心からそう思った。

◎選考経過並びに講評
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・和田勇委員会委員長:阪本仁志

〇湯川中学校2年生・阿部舞宏さんの作品
当たり前に前の東京オリンピックが行われたと思っていたら、
実は和田勇は有名でもなく偉い人でもない、
ただの青果店の店主が誘致活動をした奇跡のオリンピックだったんだと気づく。
名誉や金ではなく、
日本のためにと尽くしたその生き方は誰よりもかっこいいと感じた。
そんな人に私もなりたいと感想を述べられています。
〇内原小学校5年生:山﨑淑喜君の作品
和田勇の戦後日本に対するなんの見返りも求めず、
縁の下の力持ちの行動は僕と同じ御坊日高で幼少期を過ごした影響がもしあったとしたら、
同じこの地に住んでいる僕も彼が見た同じ景色に触れているのかもしれないと思うだけで、
うれしく誇らしい気分になる。
ただ残念なのは和田勇に出会えないことだ。
同じ時を過ごし言葉を交わしてみたかった。
誰かのために共に喜べる、
そんな人生を歩んでいきたいと思ったと感想を述べられています。
15年前に我々が御坊ロータリークラブ創立50周年記念事業で和田勇を顕彰する事業を立ち上げた時に、事
業の効果としてこんなすごいことをした人が、
御坊日高にゆかりがあった。
またその行動の原動力になったのは名田町と由良町で育った環境による。
我々の住んでいるのは誇り高い地域で、
もっと自信と誇りを持ってもいいんだ。
第2の和田勇のような人がこの地域から出れば、
我々の顕彰事業を行なう意味もあると思いました。
阿部さんも山﨑君も、
この思いを素直に感じてくれました。
今年でこの事業は14年目になりますが、
年々レベルが上がっているように感じます。
NHKの大河ドラマ「いだてん」に和田勇が登場するのかしないのか、
気になるところではありますが、
和田勇の「超我の奉仕」の精神がこの地域だけではなく、
日本国中に広がればと思いますし、
世界に貢献できる子供たちが一人でも生まれる事を祈念し、
講評といたします。

◎その他の入賞者については下記の通りです。
(敬称略)
【中学校の部】
応募者475名15校
・優秀賞
上田愛莉(県立日高高等学校附属中学校2年生)
沼野竜久(清流中学校2年生)
・佳作
浦崎怜彩(由良中学校2年生)
玉置文美(早蘇中学校2年生)
山吹薫乃(日高中学校2年生)
庄門大和(切目中学校2年生)
立野桂伍(湯川中学校2年生)
鈴木美夏(美山中学校2年生)
山田真史(名田中学校2年生)
大地紗永(印南中学校2年生)
原季句(大成中学校2年生)
岡本真夢(松洋中学校2年生)
大岩柊哉(稲原中学校2年生)
辻岡あずみ(河南中学校1年生)
石本こまち(御坊中学校2年生)
安原啓信(県立日高高等学校附属中学校2年生)
【小学校の部】
応募者数476名 23校
・優秀賞
丸山明日香(山野小学校5年生)
土井零奈(寒川第一小学校6年生)
・佳作
吉田和花(湯川小学校5年生)
柳原海里(塩屋小学校5年生)
平井千稀(野口小学校5年生)
市川羅海(衣奈小学校5年生)
林優希(藤田小学校5年生)
北岡真子(御坊小学校5年生)
石本悠人(名田小学校5年生)
森美月(和田小学校5年生)
湯川叶望(笠松小学校5年生)
吉成日和(白崎小学校5年生)
三好瑛太(由良小学校5年生)
平野沙耶(稲原小学校5年生)
田中みずき(志賀小学校5年生)
玉置琴美(川辺西小学校5年生)
堀江優甫(和佐小学校5年生)
佐藤柑奈(比井小学校5年生)
磯崎日向(比井小学校5年生)
青木和香(清流小学校5年生)
大山璃子(印南小学校5年生)
中田浩貴(三百瀬小学校5年生)
小川みちる(切目小学校5年生)

(中学校:応募者数475名15校、
小学校:応募者数476名23校、合計38校951名)
2019-0208-007.jpg
2019-0208-008.jpg

02月01日例会

◆点鐘
◆ソング

「君が代」
「御坊ロータリーの歌」
◆出席名誉会員・ビジター
なし
◆ゲスト
初田隆生君(地区ロータリー財団委員会委員長)
◆会長代理告知「吾に二楽あり」・・・副会長:狩谷典男
2019-0201-001.jpg
近年になく好成績の和歌山県代表駅伝チームに元気をもらいました。
全国に散らばる和歌山県出身者は大喜びです。
◎男子の都道府県対抗駅伝;9位、関西勢でトップ。
(去年26位) 
◎男子高校駅伝;初出場の田辺工業
2時間9分4秒
全国27位 
(女子2チームも立派な成績だった)
田辺工業キャプテンは真砂市長を訪ねて「全国では2時間8分を切り、
20位以内に入ることが目標。
チーム一丸となって頑張る」と堂々と宣言。
まことに立派。
現役ビジネス活動の仕上げ段階にはいったわたしの心にタイムリーにひびいた、
江戸時代前期の儒家・神道家の山崎闇斎の言葉を紹介させてください。

吾れに二楽あり。
凡(およ)そ天地の間に生まれたるもの何ぞ限りあらん
然(しか)るに萬物の霊と生まれたる是れ其の一なり
天地の間に一治一乱あるは定数なり。
然るに吾れは文(ぶん)世(せい)に生まれて書を読み道を校(かんが)へ
古(いにしえ)の聖賢を一堂の上に聚(あつ)むるを得
是れ其の二なり。


太平の世に人間に生まれついた幸運、
この幸運な境遇を無為に過ごさないで、
知識や徳に秀でた聖賢の足跡と対話しながら、
余生を送りたいものです。
闇斎の姿勢のように心がけていれば、
味わい深い人生が送ることができるのではないかと思っております。

◆幹事報告・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・宮所忠喜
1.御坊ローターアクトクラブの2月第一例会について
【日時】2月1日(金)19:30~食事、20:00~例会
【場所】会議所3F小会議室
【内容】来期役員委員選出
【出席】薗さん
2.例会変更なし

◆委員会報告
◎和田勇委員会………………………………阪本仁志

和田勇賞・和田勇物語感想文コンクールについて

***プログラム***
◆ロータリー財団について
・・・・・・・・初田隆生君(地区ロータリー財団委員会委員長)

2019-0201-005.jpg
ロータリー財団への寄付の種類は大きく分けて、
①年次基金寄付 
②恒久基金寄付 
③使途指定寄付…の3つがあり、
年次基金寄付は3年間運用された後に、
WF(国際財団活動資金)とDDF(地区財団活動資金)に二分され使用されます。
そのDDFは地区において、
地区補助金とグローバル補助金として使われますが、
地区補助金の財団はDDFの50%以下です。
各クラブからの地区補助金の申請についてですが、
その対象は地元や海外で行う小規模で、
短期の奉仕活動です。
申請件数は、一昨年度は17件、
昨年度は23件の申請が25クラブからあり年々増加しています。ま
た申請にあたってのクラブの負担金額は、
原則、申請金額以上となっており、
それに一人当たりの寄付額を考慮させて頂いています。
グローバル補助金は、3万ドル以上の大規模な事業に活用する補助金で、
使用する場合はDDFの残りの半分であるWFから同額が補助されます。

~同好会だより~
◆書道同好会(明倫会)
1.1月例会作品
2019-0201-009.jpg
2019-0201-008.jpg
2019-0201-006.jpg
2019-0201-007.jpg
2019-0201-010.jpg
2..2月例会
2月12日(火)・26日(火)19:30~21:00

プロフィール

御坊ロータリークラブ

Author:御坊ロータリークラブ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR