FC2ブログ

03月29日例会

◆点鐘
◆ソング
「奉仕の理想」
◆出席名誉会員・ビジター
なし
◆ゲスト
阿野千里様

◆会長告知・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・古久保泰男
皆さん、こんにちは。
本日のゲスト・スピーカーは、阿野千里様です。
後程の卓話を楽しみにしております。
無料・定額で温かい食事や居場所の「子供食堂」が急増し、
民間団体初調査で2286カ所、年100万人利用されているとの事です。

近年、特に急増している理由として、
「子供の貧困対策として、何か出来ないかと考えている人が多い」としていますが、
厚生労働省(2015)によれば、
「子供の貧困率」は7人に1人で(13.9%)となっており、
戦後ならまだしも急増しているとは情けないことではあります。
地区でごたごたしていますが、
ロータリーとしてやるべき事があるのではないでしょうか。
ロータリーとして少しでも手を差し伸べたいところではあります。

◆幹事報告・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・宮所忠喜
1.本日例会終了後、理事役員会を行います。
2.御坊アクトクラブ花見例会について
3.例会変更なし

◆次年度幹事報告・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・平野恵一
2019-2020年度編成表とスケジュール表の報告

◆委員会報告
◎プログラム委員会…………………………平野恵一

次回の卓話についての質問用紙をお配りしています。
ご記入をお願い致します。

◎姉妹クラブ委員会・財団委員会
…………姉妹クラブ委員長:野村義夫・財団委員長:玉置昭悟

2019-0329-003.jpg

・平成31年3月30日、福島県白河市より、
安珍念仏踊り保存会会長を永年お勤めされた、、
故野崎たつえ氏(平成31年1月13日没)のご長女が道成寺を訪問、
故人のご供養の席に故人と親交のあった玉置俊久氏とともに、
御坊RCからもクラブ員2名が参列した。

・玉置俊久氏からの御礼状
「白河の野崎さんの件、誠にお世話になりました。
今日本宮からの帰路福田勇さんにお会い出来ました。
涙を流しての話になりました。
両方の思いが通じたのでしょう。
今回の旅で一番印象に残った瞬間でした。
御礼まで。」

***プログラム***
◆「今こそ子どもたちに命の尊さを
~心肺蘇生法教育を学校に定着させるためには」
……………………………………………阿野千里様

2019-0329-001.jpg

【緊急時対応の体制作り】
事故や傷病者が発生した時は、
そこにいた誰もが救急処置を施せるのが望ましい。
一人ででも出来る心肺蘇生法を私達は救急法講習会で指導しているが、
一人で一つの命を救うことは、そうたやすくない。
そこで、多人数の協力を得て、
役割が重ならないように手分けして、
同時進行で緊急体制に従って救助できるように練習することが、
緊急時の対応として重要であり、その訓練が望まれる。
単に心肺蘇生を指導するのみにとどめるのではなく、
もしも、この学校で、緊急事態が発生した時に、
その場に居合わせた誰もが人命救助に携わり
稼働していくことの出来る体制づくりが学校には求められる。(略)

【野次馬づくりの教育】
教室などで発作などにより倒れた生徒が発生した場合や、
家族で兄弟が大きな怪我をした時など、
指導者や親は、「あっちに行っていなさい。」「さわっちゃダメ。」「離れて。」と
子ども達に言ってないだろうか。(略)
これらの方法は、指導者や親としては責任ある行動だと思われがちだが、
指導された生徒や子どもの立場で考えると、
「君には助ける能力がない。
君が助けることで、傷病者はマイナスになる。」と感じてしまう。(略)
緊急時に一人一人は非力でも
誰もが自然に協力し合い安全に確実な救助が行えるよう、
その場に居合わせた人々を上手くコントロールし、
多人数で協力して救助する方法を、
幼少期から一貫して指導することが大切である。

【自分の心の中にある壁】
(略)医療関係者であれば勿論であるが、
命に関わる事態となった時、心情や心の中の差別や区別を全てなくし、
人道的に、公平に中立な立場で、
人を分け隔てすることなく救うべきである。こ
れらの壁を取り除く教育が大切である。

【無関心な社会】
(略)近年においては他人に対して非常に無関心であり、
人の痛みを感じ得ないのかと錯覚してしまうほどの凶悪で無残な事件が頻発している。
今こそ教育で命の大切さを教えるべきである。

【救助の際の心得】
①事故防止
②自分自身の安全確保
③正しい手当
A.疾病者に触れなくても出来る手当
・大声で事故を知らせる。救急車を呼ぶ。
・AEDを持ってくる。協力者を呼ぶ。
・観察を続ける。時刻、時間を記録または記憶する。
・声や仕草で傷病者や家族、関係者を勇気づける。
・事故現場の整理(道路上なら交通整理)、環境改善をはかる。救急車を現場まで誘導(案内)する。
・全体の安全管理(現場付近の全ての人々)とその他の事故等の確認。
B.傷病者に触れてする手当
・止血、保温、CPR、傷の手当て
・AEDのパットの装着
2019-0329-002.jpg

~同好会だより~
◆書道同好会
・3月例会作品
2019-0329-004.jpg
2019-0329-005.jpg

・4月例会のお知らせ
4月9日(火)・23日(火)19:30~21:00


スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

プロフィール

御坊ロータリークラブ

Author:御坊ロータリークラブ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR