FC2ブログ

06月28日例会

◆点鐘
◆ソング

「手に手つないで」
◆出席名誉会員
なし
◆ビジター
坂井和夫会長・前田達也幹事(御坊南RC)
松本政彦会長・栗林久一幹事(御坊東RC)
◆ゲスト
なし

◆会長告知・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・古久保泰男
皆さん、こんにちは。
本日のビジターは、御坊南RCの坂井和夫会長・前田達也幹事、
御坊東RCの松本正彦会長・栗林久一幹事の皆様がお見えになっております。
ようこそいらっしゃいました。
本日は、最終例会になっております。
2018~2019年度の会長をさせて頂きました。
本年度は御坊ロータリークラブ創立65周年でもあり、
皆様のご協力のもと、大過なく終えることが出来ました。
ありがとうございました。
後程、退任の挨拶も御座いますので、
以上で告知とさせて頂きます。
ありがとうございました。

◆幹事報告・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・宮所忠喜
1.先日の新旧引継会にご出席された皆さま、
お疲れ様でした。
2.本日が、2018-19年度最終の例会になります。
皆様方には大変お世話になり、
ありがとうございました。
3.例会変更なし

◆委員会報告
◎プログラム委員長・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・岡本恒男

本日で2018-19年度のプログラムは全て終了となります。
1年間ありがとうございました。
2019-0628-011.jpg

◎ ロータリー情報委員長・・・・・・・・・・・・・・・・・・坂井誠治
 ロータリーの友に、丸山初美君の俳句が掲載されました。

◎ 65周年記念実行委員長・・・・・・・・・・・・・・・・小池正幸
 クジラ紙飛行機の配布について

◎ 親睦活動委員会・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・谷口光
 伊勢屋ガレージ(一夜限りの酒蔵酒場)のお知らせ
 【日時】6月29日(土)17:00~21:00
 【場所】伊勢屋(御坊市薗744)
 *チケット:2,000円
 *お問い合わせ:御坊井高博覧会実行委員会

◆ヴァイオリン演奏…………名倉美知代(事務局)
2019-0628-003.jpg
♪エトピリカ~TBS番組「情熱大陸」エンディング~
葉加瀬太郎作曲

◆ ご挨拶
◎ 坂井和夫会長(御坊南RC)

2019-0628-006.jpg

◎前田達也幹事(御坊南RC)
2019-0628-007.jpg

◎松本政彦会長(御坊東RC)
2019-0628-008.jpg

◎栗林久一幹事(御坊東RC)
2019-0628-009.jpg

***プログラム***
◆「本年度を振り返って」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・幹事:宮所忠喜

2019-0628-012.jpg

◆「本年度を振り返って」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・会長:古久保泰男

2019-0628-013.jpg

本日は2018~2019年度の最終例会で、
「本年度を振り返って」というプログラム委員会からお題を頂いております。
2019年は平成から令和へと年号が変わり、
御坊ロータリークラブも今年65周年を迎え更に成長した様に思います。
新しい会員の皆様を迎え、
時代は移り変わるものだなと、感じる昨今です。
2018~2019年度で65周年の会長をさせて頂き、
お亡くなりになられた先輩方のお顔を思い出し、
御坊ロータリークラブの歴史の重さを、
ひしひしと感じております。

又、創立65周年記念として2017年国連で採択された
「世界津波の日11月5日」を広く知って頂くため、和
歌山県のイメージである「クジラ」の姿をしたオリジナルデザインの
「くじら紙飛行機」を作成、
翼の題字の「共に生きる」は、
ダウン症の天才書家「金澤翔子」さんによる書で、
世界中の人々が助け合い、
災害を克服していく意識の高揚を目指すことを表現し、
このメッセージを紙飛行機に乗せて発信させるため、
10月31日~11月2日に開催された
「世界津波の日・2018高校生サミットIN和歌山」
約49ヵ国(600名)の高校生が参加され、
各国の高校生の皆様に「くじら紙飛行機」を来県の思い出と、
高校生サミットでの、
絆を深める願いをこめて世界中の参加高校生に2000機を贈呈致しました。

又、日高郡管内の小中学生に親子・友達の絆を深める願いと
「津波の日」の啓蒙運動をこめて5000機を贈呈いたしました。
思った以上に好評で、至る所でお褒めの言葉をいただきました。

当地は、台風21号以外は地震・津波もなく、
お陰様で無事安泰を保つことができました。
全国的に見ると「平成」で大きな災害では、
3年6月普賢岳の大規模火砕流に始まり
30年9月台風21号・同月北海道胆振(いぶり)東部地震(ブラックアウト)、等、
幾多の災害に見舞われ、
多くの方々がお亡くなりになられ、
自然の脅威にどう向き合うかを問われた30年でした。
ご冥福をお祈り申し上げます。
又、この様なことが起きないように一人一人が心しておかなければなりません。

坂井前会長も打ち出していました、
「災害」を重点項目にあげさせて頂いておりましたが、
これからも、出来る限り自身のライフワークとして取り組んでいけたらと、
思っております。至
らない点が、多々あったと思いますがご容赦して頂ければ幸いです。

又、平成の時代は人口減少が縮小経済をもたらし、
市場が減る中で規模の利益をいかに獲得という「規模の経済」の路線だった、
と言われています。
地方の企業経営者は「別の分野」に行くよりは規模の拡大を選んで、
自治体も「平成の合併」が行われました。

令和の時代の経済は、
規模ではなく密度をどれだけ上げるかが重要としている。
そのために、デジタル化で「社会変革」を図り「ソサエティー5.0」と
「地方創生」を打ち出していくことが重要で、
今まで地方で比較的ハンディキャップだったものが、
「ソサエティー5.0」によりかなり解消し、
こう言う変化を受け入れる様な「政策」を取ることにより、
地方の方がより大きく変化する。地
方で人が住み続けるために、
質の向上も含め、
どれだけコンパクトに住めるかという、
密度をよりコンパクトにした「コンパクトシティー」構想が重要になります。
「高密度の経済」は人手不足にも対応でき、
若者も一旗揚げるといった自己実現がしやすくなり、
地方の面白さが際立つ時代になると思われます。

その為の知恵を出すのが「令和」の時代のあるべき姿ではないでしょうか。
例えば、「三菱地所(東京)」が、
第2ITビジネスオフィス内に「ワーケーションオフィス南紀白浜」がグランドオープンした、
すでに3企業の利用が内定し他の企業からの問い合わせも相次いでいるとのこと、
「働き方改革」の一環として企業間で普及しているとのこと。

第2ITビジネスオフィスは平成30年に白浜町や県が新設しています。
この中紀でも美浜町の日御碕付近に
「ソサエティー5.0」エリアを打ち出しても良いのでは。
ロータリーのネットワークであればそれは可能で
若い世代に夢を送れると思います。
以上で、私の挨拶とさせていただきます。
1年間ありがとうございました。

~同好会だより~
◆書道同好会(明倫会)
・6月例会作品
2019-0628-014.jpg
2019-0628-015.jpg
2019-0628-016.jpg
2019-0628-017.jpg
・7月例会のお知らせ
7月9日(火)・2日(火)19:30~21:00
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

プロフィール

御坊ロータリークラブ

Author:御坊ロータリークラブ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR